go to gnb go to contents
content start
ストーリー
韓国の味を世界の人々に
「bibigo」(ビビゴ)は、伝統的な韓国料理に現代人が追求する価値をプラスし、 新しいライフスタイルを生み出 しているグローバル韓国料理ブランドです。
Animation effects image Animation effects image

韓国の食文化と味を広
めるグローバル韓国料理
ブランド、bibigo

  • 韓国の大手食品メーカー、CJ第一製糖で長年積み上げられた韓国料理のノウハウをもとに生まれた「bibigo」(ビビゴ)は、伝統的な韓国料理に現代人が追求する価値をプラスし、新しいライフスタイルを生み出しているグローバル韓国料理ブランドです。5千年の歴史をもつ韓国料理には、韓国人の暮らしと哲学が込められています。bibigoは自然と人が育んできた健康的な食文化の結晶とも言える韓国料理を世界に広めたい!という思いから生まれました。 THE GLOBAL  KOREAN CUISINE BRAND 'BIBIGO

bibigoが展開する韓国料理について

  • 01 korean food - nature, health and freshness
    「自然」の恵みをそのまま活かす健康的な食文化
    四季の流れに逆らうことなく新鮮な旬の野菜を使い、寒さや暑さに耐え自然な時間の流れに沿って作られる健康的な発酵食品、3方向の海と野山からとれる様々な食材や地域ごとに異なる様々な調理法など、韓国料理は大自然の恵みと人間の知恵が詰まったヘルシーフードです。
  • 02 korean food - balance and harmony
    調和とバランスがとれた料理
    韓国の食膳は基本的にご飯とスープ、おかずが並びます。韓国料理はきれいな色と味が調和して五感を満足させ、炭水化物、タンパク質、食物繊維が程よく合わさって栄養学的にもバランスがとれています。
  • 03 korean food - philosophy of bibim
    「ビビム」の哲学が込められている韓国料理
    「ビビム」とは「混ぜる」ことを意味する韓国語で、良いものは分かち合い、足りないものは補い合い、ひとつになることでもあります。ご飯とナムル、お肉、発酵ジャンを一緒に盛り付けるビビンバには調和とバランス、「ビビム」の哲学が込められており、これだけでも味と栄養のバランスが十分にとれています。
    韓国料理について

CJブロッサムパーク


bibigoの研究開発施設

CJ「ブロッサムパーク」韓国料理の伝統的なレシピに現代感覚をプラスしたbibigoの全商品について研究が行われる場所です。
4,800億ウォンを投資して造成されたCJ「ブロッサムパーク」は、サッカー場の15倍(11万㎡)と規模が大きいだけではなく、研究陣の創造力を最大化できるオープンラボ(open lab)システムも導入している韓国初・最大の食品・バイオ融複合研究所です。

鎮川スマートファクトリー


bibigoの生産拠点

bibigoの商品はデジタル自動化ソリューションが融合した情報通信技術(ICT)を取り入れて  品質を向上させ、革新的な包装技術などの様々な新技術を取り入れて顧客満足度を   向上させる知能型Smart Factoryで作られます。 5,400億ウォンが投資されたCJ Smart Factoryでは冷凍食品、加工肉、インスタントご飯など  様々なbibigo商品が生産されており、年間12万トンの生産規模を誇ります。